旧九鬼家住宅資料館のページにようこそ!

【新着情報】



旧九鬼家住宅資料館の概要

 旧九鬼家住宅は、三田藩家老職を代々勤めた九鬼家の住宅として、明治9年頃に建てられた建物です。江戸時代の町家や商家の間取りを持ちながら、武家屋敷の名残を残す二階建ての住宅ですが、特徴的なのが二階部分に洋式のデザインが取り入れられていることです。

 

 明治初期に文明開化のもと、日本人の大工により西洋の建築に似せて、学校や役所、ホテル、銀行などが数多く建てられました。このような建物を建築史では「擬洋風建築」と呼んでいます。                     ◁ 擬洋風建築について

 

 旧九鬼家住宅は、こうした擬洋風建築のひとつとして捉えられますが、九鬼家の当主であり鉄道技師でもあった九鬼隆範(くきりゅうはん)が洋風デザインを取り入れて自ら描いた住宅の設計図(現在でいう基本設計図に当たるもの)が残っています。

                           ◁ 九鬼隆範について

 当時の大工が見よう見まねで真似て建てた擬洋風建築にはない、九鬼隆範が指示した洋風のデザインと伝統的な建築様式が絶妙に調和した貴重な建物として評価されています。

  

 旧九鬼家住宅は、平成10年4月に兵庫県重要有形文化財に指定されました。

 

 その後、平成11年6月から平成13年3月にかけての解体修理工事を経て、平成13年11月に「旧九鬼家住宅資料館」として開館しました。

 


旧九鬼家住宅資料館
旧九鬼家住宅資料館